1. HOME
  2. 採用情報
  3. 社員の声(中途入社者)

社員の声(中途入社者)

2012年度中途入社 T.Tさん

入社の決め手

SAP分野でのキャリアを積むに当たって、いろいろな会社を見てきましたが、SAP環境を自社で持っていて自由に使わせてくれる会社は多くありませんでした。その点、コムウェアは自社にリモート環境を整えて自由に使えるしくみを持っているので魅力を感じていました。何よりホームページや面接を通して社内の雰囲気の穏やかさや仲の良さは感じていました。好みにもよるとは思いますが、私は穏やかなところでじっくりと力をつけたいと思ったのです。

入社後のコムウェアの印象

面接で感じた雰囲気やホームページで見た印象と、入社後に感じた印象にギャップはありませんでした。何より中途入社者に優しい環境だと思います。みんなが話しかけてくれますし、色々教えてくれます。

コムウェアの気に入っているところ

中途入社者に優しいところです。中途入社者が多いことも要因だと思いますが、入社してすぐ感じた、皆が話しかけてくれるところや、業務を進めるに当たって、自然に後輩は先輩に聞き、先輩はなぜその質問が出るのか考えた上で教えていく。そんな雰囲気が好きです。

現在の仕事内容

SAP導入プロジェクトに参画しています。去年までは、国内の会社に対しSAPを導入していましたが、現在は、現地法人に対しSAPを導入しています。国内の保守と、海外展開を並行で行っている為、忙しくはありますが、とてもやりがいのある仕事です。

職場の雰囲気

新年度スタートのキックオフで全社員で運動会をした時がありました。初めは少しだけめんどくささもあったのは秘密ですが、種目の大玉ころがしや綱引きなど、集団競技が殆どで、コムウェアという会社やそこにいる社員たちの思いが垣間見える機会でした。
ホームページにも掲載されている『蘭言』(一致団結している者達が放つ言葉は、蘭の花が香るように周囲に強い影響を与える)を本気でやっていると感じます。そして、イベントのときだけでなく、現場でもいつもそうです。

やりがいを感じる時

海外向けの財務会計システムを組んだときには、ヤリガイを感じました。わからないことも多い中、そして少ない人手もとい自分独りでくみ上げていくのは大変でしたが、わからないところは上司や先輩にも頼り、後輩の世話もしながらのシステム構築だったので、とにかくやることが多く、学んだことも多かったです。こんな風に、目が回るほど忙しくても、何か得るものがあって、組み上げた達成感を得られる仕事を続けていきたいと思います。

仕事をする上での信条

作業をする前に、一度、整理をすることです。思いつきで仕事をしてしまうと、効率が悪くなってしまいます。急がばまわれ。それが私のスタイルです。

現在挑戦中のこと

英語の勉強です。過去に英語が話せないという理由で面接に落ちた経験があります。それが悔しかったので、特に英語には力を入れています。後は、会計知識の強化です。エンドユーザ様が経理部の方になるため、対等に話ができるよう、税務、連結会計等についても勉強をしています。

将来の目標

SAPの業界では、SAPの有識者というだけでコンサルと呼ばれている人間がいます。本来のコンサルとはエンドユーザ様に有益な情報を与え、業務改善等をしていく人を指すと思います。難しいと思いますが、SAPを知っているだけの人間にはならず、業務知識、会計知識を深め、エンドユーザ様から頼られる人間になりたいです。

一日の仕事の流れ

9:00 客先出社・一日のタイムマネージメント作成・他PJメンバーとすり合わせ
9:30 お客様の問い合わせ対応(メール・電話)
12:00 ランチ(自分でお弁当を作っています!)
13:00 チームミーティング
14:00 お客様の問い合わせに逐次対応しつつ会計データ移行作業
18:00 退勤(納期が間近なとき、トラブル対応の時は残業もしています)

2015年度中途入社 K.Nさん

入社の決め手

コムウェアにとって新しい挑戦でもある、SAPにおけるJava活用の専門グループ立ち上げメンバーの一人として入社をしました。

もともとやりたいことがあって、転職を考えていた中、コムウェアを見つけ、試しに受けてみたところ、面接で会ったエンジニアで、今の直接の上司である人物の話に共感し、自分が描いている将来像や、望んでいることが叶えられそうだと感じられたので入社を決意しました。加えて、私が所属する新グループは、コムウェアのビジネスにとって中核であるSAP分野の拡大はもとより、それとはまた違った新しいことも模索していくという可能性の広さにも惹かれました。

入社後のコムウェアの印象

ありきたりな表現ですが、いろいろな「自由」を大切にしている会社だと思います。また「意見箱」という、匿名で社員の意見を収集する毎月のアンケートは、集まった意見を放置せず翌月には会社側の回答とともに改善も試みるという、創業当時から16年続けてきたコムウェアの姿勢が表れています。

コムウェアの気に入っているところ

コムウェアは自由を大切にしていると書きましたが、当然、やるべきことをやっているからこそ得られる自由です。経営陣は、社員のキャリアも仕事も暮らしもサポートするとの約束を明示していますし、社員同士が会話がしやすいようにと、用意されるイベントは社内での飲み会に始まり、部活動、遊園地や登山など企画も多岐にわたり、どれも楽しめます。イベントは特にビアバスト(社屋でビールなどを飲みながら会話するイベント)が面白く、SAPについて知識の少ない私が、SAPスペシャリト達から直接話が聞ける大切な時間となっています。これらは今必要なことは何かを見いだせる方にこそ、活かしてもらえると感じています。待っていることを望むならコムウェア以外の選択肢があるでしょう。
ちなみに中途入社の社員は、コムウェアの社風に共感したからこそ入社してきますし、中途人数割合は半分を超えるので、入社したてでも輪に入りづらいと感じたことはありません。

仕事をする上での信条

仕事にコミットすることです。
自分やチームがやっていることが「何のためなのか」を考え、受け身にならずにやりきることが大事だと考えています。そして残業を多くしないことです。今の私は、多くても月20時間程度の残業で、大半は18時すぎには退勤するようにしています。自分の時間が作れなくては、体を休められないどころか、勉強がおろそかになります。そして、自分がこれからどうするか、何が必要なのかを考える時間も取れません。
コムウェアは社員の勤務時間をしっかり管理し、時にはお客様への申し入れもしてくれます。ならば、私はできるだけ決められた時間でおわらせるように心がけますし、今後さらに難しい業務に就いてもコミットできるようにと、業務後の時間も活用しつつ学び、自分の価値を上げる行動を取るようにしています。

座右の銘

『許可を求めるな謝罪せよ』

やってみてダメなら謝罪すればいい。
やる前から心配して根回しや責任逃れに気を回すな!です。何かを始める時に周りを気にして悩まずに、まずはやってみるようにしています。別の項目で書いた入社の決め手になった上司は、そんな自分を後押しをしてくれる人物ですし、そんな人物が相応の地位についているコムウェアも、自分にとって心地よく感じます。

現在挑戦中のこと

前職では、保険系WEBシステム構築に携わりJavaEEを使ったシステム開発をやっていたのですが、これからはその技術だけで通用するとは考えていません。AWS、Java以外の言語の習得やフロントエンド周辺の技術を中心に勉強しています。また、最近では自身の所属するグループで、SAPの新しいユーザーインターフェイスである、Fiori(HTML5をベースとしたUIで、PC、タブレット、スマートフォンと様々デバイスに対応するアプリケーション群)の勉強会を行っており、今まで得られなかった分野の知識も身に着け始めています。

将来の目標

エンタープライズ向けITサービスの姿を変えてしまうようなビジネスをコムウェアでやってみたいと考えています。あくまで主観ですが、数年前から、特に技術的なところではWEBサービス系やスタートアップ企業のほうが、エンタープライズ向けに比べて元気な印象です。私はコムウェアが持つSAPの強みを活かして、そして自分が得意なJava技術や新たに学んだ知識をコラボレーションして、そんな印象を打ち破るような発信をしていきたいと考えています。
エンタープライズでもこんな面白いことができるんだよ!と。

  • 資料ダウンロード

お知らせ

一覧
2019年04月01日ゴールデンウィーク休業期間
2019年02月27日人財採用
【新卒採用】2020卒向け会社説明会エントリー受付開始しました!!
2018年09月01日会社
2018年01月16日人財採用
【新卒採用】2019卒向け会社説明会エントリー受付開始しました!!
2017年12月01日人財採用
【新卒採用】「2017年度新入社員座談会」レポートを追加しました!!

ページの先頭へ